秋のひとりごと -2-

  • 2010.10.22 Friday
  • 08:43




富良野の秋は駆け足で過ぎていき、10月
ニングルテラスに早くも初雪が降りました。


お天気のよい午後、紅葉の森を抜けて
友人お勧めの石窯パン屋さんを訪ねると
扉を開ける前から薪が燃えるいい香り。


ご自慢の香ばしいパンとボルシチセットを
待つあいだ、辺りで採れたこくわの実を
お裾わけいただきました。


採れたてのその実はキウイに似てひときわ甘く、
熊の大好物という話に 思わず納得。


確か…種類豊富な富良野ジャムの中にも、こくわは
あったので 手に入れて帰ろうと思ったのでした。


野いちご、山ぶどうも、富良野の森で初めて味わった
小さなご馳走は、都会育ちの私には とても贅沢に感じます。
心もお腹も暖まって帰宅すると、札幌の友人から嬉しいメールが…。


『我が家の庭のヤマボウシの実で、この秋もたくさんジャムが
 出来ました。楽しみにしていてね。』


初体験のご馳走のお味を想像しながら…次はどこのパン屋さんへ
行こうかな?いつものように食欲の秋なのでした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM