春のひとりごと

  • 2016.03.21 Monday
  • 15:54




春の日差しが暖かで、 郵便局までのいつもの道のりも 少し遠回り。
鳥のさえずりも、幼稚園から聞こえる子ども達の歌声も、心なしか高らかな気がします。

幸せなことに、家の近くに3つの小さな公園があって それぞれに桜の樹が繁り、
今年は何処が早い開花かな?と観賞しながらゆっくりの散歩です。

桜を見上げる時の表情は誰もがみな、晴れやかだなと 春の光景に心もほころびます。
卒業、故郷からの旅立ち、そして新しい出発と出会い。

数々の涙もあって…桜の樹の下の思い出は 花びらのようにひらひらと…
春風が何処かへ運んでいくようです。