夏のひとりごと

  • 2012.08.01 Wednesday
  • 21:15



7月に入り、横浜のお花屋さんでもあちらこちらで
ラベンダーを見かけるようになりました。

富良野のイメージと、切り離せない この紫の花は
私にとって、ふるさとの香りのようにも思えます。
富良野で生まれ育ったわけではないのに…。

地元の人々にたくさんのお世話になり、季節折々の田畑の
収穫を味わい、気を許せる友の方言がとても心地良く
「お帰り!」と迎えてくれる笑顔が待っていてくれます。

私の第2の "ふるさと"は、いよいよ夏本番!
木立を吹き抜ける風が 爽やかな季節の到来です。

この記事のトラックバックURL
トラックバック