夏のひとりごと

  • 2016.06.10 Friday
  • 21:17

おかげ様でニングルテラスも6月で21周年。
テラスの森は いつもと変わりなく、今日も高い木の上で小鳥達が
 さえずり、エゾリスが元気いっぱいに木道を横切っていきます。
こんな自然に触れ合える空間で、日々 手仕事を続けられるのは、
とても幸せなこと…としみじみ思います。

富良野の風景を描く和紙も、空は爽やかな澄んだブルーを選び、
 夏らしくなってきました。
ラベンダー畑に限らずですが、訪れる時の日の高さによって
畑の色合いも変化して、選ぶ和紙も変わります。

今年も美しい風景をたくさん目に焼きつけて、私らしい作品を
描いていきたいと思います。

春のひとりごと

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 21:58

先月 神楽坂の かもめギャラリーで開かれた イラストレーター
 あべよしこさんの個展に行って来ました。
 彼女は私がこの仕事をはじめるきっかけとなった、大先輩です。

よしこさんの描く作品は、勢いのあるタッチのラインや、色彩の
美しさが とても魅力的です。
 隣り合わせる色の組み合わせやレイアウトによって、こんなにも
互いを引き立たせてしまうセンス!いつも憧れています。
(人と人とも、そんな絶妙なバランスで調和できたら 心地よいのかも?)

日常の何気ない空間が こんなカラーに包まれていたら、素敵です。
 作品と同じように、爽やかで軽やかな よしこさんのお人柄にも触れる
 ことのできた、雨上がりの午後でした。

Yoshiko Abe Instagram:
https://www.instagram.com/yabyoshiko/

Yoshiko Abe HP:
http://www.yoshikoabe.com/

P.S
今回アップしたイラストは、横浜 港の見える丘公園のローズガーデンです。
 山手散歩によい季節、きっと春の香りに包まれていることでしょう。

春のひとりごと

  • 2016.03.21 Monday
  • 15:54




春の日差しが暖かで、 郵便局までのいつもの道のりも 少し遠回り。
鳥のさえずりも、幼稚園から聞こえる子ども達の歌声も、心なしか高らかな気がします。

幸せなことに、家の近くに3つの小さな公園があって それぞれに桜の樹が繁り、
今年は何処が早い開花かな?と観賞しながらゆっくりの散歩です。

桜を見上げる時の表情は誰もがみな、晴れやかだなと 春の光景に心もほころびます。
卒業、故郷からの旅立ち、そして新しい出発と出会い。

数々の涙もあって…桜の樹の下の思い出は 花びらのようにひらひらと…
春風が何処かへ運んでいくようです。

 

冬のひとりごと

  • 2016.02.01 Monday
  • 15:49


粉雪 吹雪 みぞれ雪 etc …。 私の雪のイメージは 白く美しく、儚く消えていく
 どこか幻想的な感じでした。

富良野という北の国へ20年行き来するようになってからは、長い冬の生活の
大変な印象の方が、すっかり強くなりました。

さらさらの雪も 1時間で何10センチと降り積もり、時に吹雪いて前も見えず、
5分と外に居られない日も、何度とある日常の1コマです。

森の中の店にいると、樹氷の見事な美しさや このマイナス気温の森で
命がけで越冬する野生動物たちの、その生命力に力強さを実感します。

海外からの雪初体験のお客様達は、楽しそうに雪だるまと記念撮影し、
 店先のつららを珍しそうに眺めています。

時折そんなお客様達がスコップを手に取って、除雪を手伝ってくれたり!?
きっと富良野の思い出のひとつになっていくのでしょう。

凍りついたツルツルの道路で、転んでイタイ思い出は作らずに、
 無事に帰国してもらえますように…。

今年の冬も寒がりの私は、今から春を待ちわびているばかりです。

冬のひとりごと

  • 2016.01.01 Friday
  • 15:04


明けましておめでとうございます。
お正月もニングルテラスは無休なので、年越しから
新年にかけて机に向かっていることが多い私です。

年始めから好きな手仕事を続けられることに
幸せを感じながら…。

時折 心が雨降りのつらい日にも、せっせと手を
動かしていると いつの間にか作品は生まれます。

そんな一作に「あたたかい作品ね」と お言葉を
 いただくと、どんなときもずっと創り続けていける
勇気が湧いてきます。

作品を通して… 何かをお届けしているようで、
いただいているのは私自身のようです。

2016年も皆さまにとって心踊る出来事が
 たくさん待っていますように!


  • 0
    • -
    • -
    • -

    冬のひとりごと

    • 2015.11.08 Sunday
    • 20:19



       『花びとたち 創刊号表紙 イラスト丹沢裕子』


    冬のひとりごと

    今年の7月 富良野の名所ファーム冨田の創立者
    富田忠雄さんが 天にめされました。

    富田さんは富良野の歴史を語るのになくてはならない存在であり、ラベンダーを語る
    お姿はいつも誇りに満ちていて、書道や写真家としても才能溢れる
    人間的にもとても魅力的な方でした。


    富田さんを代表とした、全国のラベンダーを愛する花びとを会員とした、『ラベン
    ダークラブ』の会報誌の表紙コラージュを、3年間手掛けさせていただいたことは
    私にとって身に余る光栄でした。


    富良野がラベンダーの香りに包まれる一番華やいだ季節に旅立たれたことは、何より
    富田さんらしいと花びとたちは口々に語りました。


    富田さんによって産み出された香水の数々、小さな手作りのポプリのサシェ、そして
    見事な紫色の丘、etc…。ファーム冨田のあちこちに今でも存在して
    いる富田さんに又、お会いしに行きたいと思います。


    11月10日 富田さんを偲ぶ会によせて…。
                                            丹沢 裕子

    秋のひとりごと

    • 2015.10.04 Sunday
    • 20:17



    夏から秋へと移り変わる季節は、祭りの終わりのような 名残惜しさが漂う夕暮れです。

    これから日に日に秋が深まっていく、この季節が一番好きだなあと思います。

    今年は地元横浜で、夏休みに親子参加や小学生対象で 9月は成人をはじめ、65歳
    以上対象のクラフト教室を開催して幅広い年齢の参加者さんと触れ合えました。

    開催場所も2年目になる三ツ沢に加え、みなとみらい、本郷台と新しく加わり 何処へ
    でも出向いて行う出張型ワークショップも 広がりを持ててきました。

    夏休み中は、子ども達の自由研究課題も意識して和紙の素材や歴史、使われ方に
    ついて簡単な説明を加えて、少し身近に感じでもらえたようです。

    実際に見て触れて体感するなかで、工夫しながら完成させる達成感を味わえる…
    そんな手作りの楽しさを、仲間達と一緒にこれからも伝えていきたいと思う秋でした。

     

    丹沢 裕子が副代表を務める横浜市を拠点に活動する出張型アート・ワークショップ事業
    『Open Hearts Art Project』
    (オープン・ハーツ・アート プロジェクト)は、
    こちらをご覧ください。
    http://bee-chip.com/open_hearts_art/

    夏のひとりごと

    • 2015.08.10 Monday
    • 21:50



    願い事をいつも心に描いていると… ほんとに実現することもあるのかもしれません。
    そんな出来事が私の身の上にも 起こりました!?

    横浜の企業の2016年度版 オリジナルカレンダーを手掛けられることになったのです。

    地元横浜の愛着のある風景を、12作描きます。
    沢山のご家庭で、1年間暮らしを共にし、大事な役目を持つカレンダー。
    完成前から格別な嬉しさでいっぱいです!

    今日は山下公園で花火大会ですが、私はイラストの中で、大きな花火を打ち上げる夏の夜です。

    夏のひとりごと

    • 2015.06.06 Saturday
    • 23:42




    新緑の眩しい6月に、20周年を迎えたニングルテラス。
    この森の樹々と同じく20年分、ペーパーワークの家も成長の年輪を刻めてきたでしょうか?

    富良野の四季を描いた絵本を…。
    結婚記念日の思い出を作品に。
    お子さんのバースデープレゼントに。

    病院の診察室や待合室に。
    毎年恒例の富良野旅行の記念に。

    いつもお客様のリクエストが私の創作の扉を開け、
    挑戦するチャンスを与えてくれました。

    倉本先生の創の思想の教えは、20年ずっと変わらず
    私の大切な財産です。

    そして…短い夏も長い冬も、スタッフ達の丁寧な手仕事が積み重なって生まれた商品は、ペーパーワークの家の支えとなる愛すべき作品です。

    小さな店を育ててくれた皆さんに伝えたい感謝の言葉は尽きません。

    ずっと伴走し続け、躓いたときも励ましてくれた
    仲間とファミリーの笑顔が もっともっと見れる作品を
    手掛けられるよう…今日から又、想像の翼を富良野の
    空へ広げます。

    これからもペーパーワークの家を、どうぞよろしく
    お願いいたします。

    春のひとりごと

    • 2015.05.02 Saturday
    • 00:05


    港からのハマ風が、ひと際爽やかな季節になりました。
    山下公園の新緑の向こう側 氷川丸の上を、カモメ達が
    優雅に旋回していきます。

    2009年カッコよくリニューアルされたマリンタワーも、
    変わらず横浜のシンボリックな風景のひとつです。
    展望台の360°パノラマビューの夜景は、色とりどりに瞬いて 海上に散りばめられた
    美しい宝石のようで…。

    恋人たちの聖地と言われるだけあって、いつまでも
    見飽きることがありません。
    335段の階段を上って!?制覇するイベントもありますが
    楽しみ方はもうひとつ。

    名誉館長、横浜のSuper star★ 横山剣さん作詞作曲
    『マリンタワー』が流れるエレベーターで展望台へ!?
    ぜひ、ハマの絶景を一望してみて下さいね♪

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << September 2016 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM